湿度調節機能ケットで ジメジメ対策

─ 爽フィール 肌ふとんの使い方アドバイス ─

あなたは蒸し暑い梅雨時期や夏の夜にエアコンを使用して寝ていますか?寝苦しさについついエアコンの温度設定を下げすぎるとどうしても部屋を冷やすだけでなく、身体も冷やしてしまいます。身体を冷やし過ぎない少し高めの温度設定でも快適に寝ることができるアイテムがあったらいいな…。今回はそんな方向けに「湿度」をキーワードに「ムレを取りながら快適に眠る」ためのとっておきアイテム「爽フィール」肌ふとんをご紹介します。

 

寝苦しい

 

なんといっても一番の特徴は、ジメジメの根源である湿度をコントロールしてくれる湿度調節機能わたです。夏場は、温度だけでなく、「湿度」の上昇が人間に不快感を与えます。温度が同じでも湿度が低くなると快適になります。寝床内湿度をコントロールしてくれる「爽フィール」肌ふとんがジメジメ感をやわらげ、睡眠環境をより快適にしてくれます。

京都西川は女性と男性の基礎代謝量の違いに着目しました。基礎代謝量とは、運動をせずに安静にした状態で消費されるエネルギー代謝のことです。女性で平均1日約1120kcal、男性で平均1日約1516kcal(京都西川調べ)であることから、性別や体格により一晩で消費するカロリーやかく汗の量が異なることがわかります。そこでやさしい肌ざわりが好きな女性にはやわらかいガーゼ生地(綿100%)を。汗かきの男性にはしゃりっとした肌ざわりでべたつきにくい凹凸のある生地(綿100%)を肌面に使用した商品をご用意しました。表地には男女用共にしなやかで吸湿性の高い生地を使用しています。

 

代謝比較

 

「爽フィール」肌ふとんは、汗や体から発生する水分で上がる寝床内湿度をコントロールし、同じ温度でも快適に眠れるように設計していますのでエアコンによる身体の冷やしすぎを防止してくれます。カバー不要でそのまま使えて、汚れたら洗濯ネットに入れて洗濯機にポン!で清潔にお使いいただけます。

 

sofeel

 

表面、肌面、詰めもの、どれも大事なパーツで全てに意味があり、いろんな人にいろんなシーンで大活躍する「爽フィール」肌ふとんを是非お試しください。

SOFEEL商品ページ