• 商品情報
  • 会社情報
  • プレスリリース
  • お問合わせ


 

あの人のRecovery|vol.04 よしもと祇園花月  支配人・石井英亮さん

 

石井英亮(いしい・ひであき)
生まれも育ちも京都の46歳。子どもの頃からお笑いマニアで、同志社大学を卒業後、吉本興業に入社。大阪、東京、名古屋勤務を経て2年前から現職。 「京都ならではのお笑いで、たくさんの方をおもてなししたいですね」。

 

 

ハードな毎日も、「熟睡」で、パワーチャージ。

 爆笑と拍手喝采で幕が下りる。笑顔の親子連れやカップル、年配客の姿を、頭を下げて見送るのは支配人の石井さんだ。  オープンして8年。京都市東山区、八坂神社西側にあるよしもと祇園花月は席数502の、タレントとの距離も近いアットホームな劇場だ。  石井さんの仕事は劇場マネジメント。チケットの販売や劇場のプロモーション、おみやげコーナー、照明や音響、場内整理・清掃など約30人のスタッフを束ね、全体の責任を負う。  外回りも多く、企業や学校、旅行代理店への営業ほか、公演のチラシを制作・持参し、近隣へ挨拶に伺うなど、京都人としてのマナーも欠かさない石井さん。舞台のスケジュール調整など、デスクワークにも追われる毎日だ。

あの人のRecovery|vol.04 よしもと祇園花月  支配人・石井英亮さん


それほどまでに忙しい石井さんの活躍を支えるのが「熟睡」。睡眠は6時間と短いが、もともと西川寝具ファンの石井さんは、眠りの質にこだわり、この秋からは「ウォームフィール」がお気に入りだ。 「毛布より軽く、薄いのにあったかい。まさにとろける寝心地で、朝までぐっすり。熟睡ができるんです」。  静電気も少なく、丸洗いできる点も気に入っている。ちなみに惚れ込んでいた西川の枕は、猛勉強中の高校生の息子に奪われたまま、返ってこない。 「いいんですよ。だって、息子の勉強も私の仕事も、身体が資本ですから。わが家にとって『いい眠りにつける寝具』は、毎日を支えてくれる心強い味方です」。

 

 

バックナンバー

 

●あの人のRecovery|vol.04 よしもと祇園花月 支配人・石井英亮さん(2019年11月27日)

●あの人のRecovery vol.03京繍伝統工芸士・安部敦子さん(2019年11月26日)

●あの人のRecovery vol.02『むしやしない』オーナーパティシエ 鵜野友紀子さん(2019年8月5日)

●あの人のRecovery vol.01陶芸家・津田友子さん(2019年7月4日)

●贈り物にも最適のアイテム「KIRA KARACHO(雲母唐長)」のガーゼケットをおすすめ!(2018年6月27日)

●カバーリング「いろは京」の好きな柄について感想を聞きました。(2018年4月12日)

●かための敷きふとん決定版!「WWave」の使用感を聞きました(2017年11月25日)

●工場見学してきました!「WWave」敷きふとん編(2016年11月10日)

● ローズ羽毛ふとん編 羽毛ふとんのいろいろ豆知識 (2017年1月31日)

●まくら編「ローズチューンピロ」ーの測定を体験してもらいました!(2016年4月30日)

●あったかかわいいおすすめシリーズ いつも笑顔で「スマイリングシリーズ」(2015年11月17日)

●この秋冬におすすめ「ウォームフィール20」の使用感を聞きました(2015年9月15日)

●蒸し暑い夏の夜を過ごしやすく!間の季節にマッチ!!真わたふとん肌掛けふとん(2015年7月1日)

●蒸し暑い夏の夜を過ごしやすく!長年愛用したいタイプ!!本麻肌掛けふとん(2015年6月9日)

●蒸し暑い夏の夜を過ごしやすく!衝撃の使い心地!!「クールフィール28」(2015年5月1日)