京ごよみ

楓蔦黄(もみじつたきなり)

2017年11月

朝夕に肌寒さを感じおふとんが恋しくなる季節。京都の町も少しずつ秋めいてきました。

木々の葉も色付きはじめ、待ち焦がれた紅葉の見頃が気になりはじめるこの頃。

自然は形を変え色を変え、人々の心に何か残してゆく。季節の風を謳いながら。  

常寂光寺の紅葉

 常寂光寺は京都市内の嵯峨・小倉山の中腹の斜面に位置する名刹で、境内の庭園には200余本のカエデが植えられています。

 嵯峨の紅く染まった紅葉と凛々しくそびえ立つ多宝塔(重要文化財)は京の秋の絶景のひとつといえるでしょう。

一覧へ戻る