• 商品情報
  • 会社情報
  • プレスリリース
  • お問合わせ

商品情報

ローズ羽毛ふとん

ローズ羽毛ふとん5つの特徴

POINT1:水鳥の種類はグース(がちょう)が優れている。

「グース」と「ダック」の違い

水鳥の種類にはグース(がちょう)とダック(あひる)があります。グースはダックに比べて体が大きくひとつひとつのダウンも大きく保温性に優れ、長持ちします。また、品質の良いグースの羽毛を採取するためには高緯度の寒い地域で、飼育されたものに限られます。ダックの多くは中国などの比較的暖かい地域で飼育されています。

POINT3:十分に成熟したダウンを使用している。

ダウンパワー値は羽毛の品質を示す数値です

ダウンパワーの計測方法

 

羽毛ふとんの中味に使用される「羽毛」の品質を示す数値で最も信頼出来るものが「ダウンパワー値」です。このダウンパワー値が高いほど、ダウンの品質がよいものとされています。ダウンパワー値が高い羽毛ふとんは、空気をたっぷりと含みますのでボリュームがあり、保温力に優れます。

 

ダウンパワー
中わた重量が1.2kgの羽毛ふとんの場合
これらが1,200本分!入っていることに

同じ1gでも空気を含む量が違います

ダウンパワーを導きだす計算で計測されたダウンは、同じ1gであっても、そのボリュームがそれぞれ異なります。このボリュームの差が羽毛ふとんのふっくら感に大きく影響するのです。
逆にいえば高品質のダウンを使用すれば、同じボリュームの羽毛ふとんでも、より軽く仕上げることができるのです。

 

POINT1:しっかり洗浄、除埃します。

羽毛自体高品質であることはもちろん大切ですが、原毛のまま使うわけにはいきません。もともとがちょうは屋外で飼育されているため羽毛に汚れや動物特有の臭いを残しています。そのため水による洗浄、除埃を行い清潔な羽毛に仕上げます。特に洗浄においては業界標準にくらべ約2倍もの社内基準を設けています。

洗浄行程

洗浄機でしっかりよごれを落とします。

除埃行程

羽毛の塵やほこりをしっかり落とします。

「グース」と「ダック」の違い

洗浄試験

洗浄した液の透明度をチェックします。

「グース」と「ダック」の違い

羽毛洗浄後の水の透明度をチェックします。通常は500mm以上のところ、京都西川では1000mmの深さの洗浄水を濁りのない状態まで洗浄を繰り返します。

 

 

 

 

京都西川では、羽毛ふとんの品質の安定をはかるために、 原料サンプル・入荷後の原料・そして一定の単位ごとに、規格に満たない原料が混入しないように、組成混合率やダウンパワー試験などの品質チェックを行っております。

 

京都西川の羽毛ふとんのトレサビリティ(生産履歴)について

京都西川の羽毛ふとんは、原料の羽毛の産地から完成品(商品)に至るまで、原産地証明・各加工段階での工程管理表まで、日本羽毛製品協同組合の「産地表示の適切な管理」の手順に基づき全て管理しております。
原料の品質については、入荷ロット毎に公的検査機関により品質の検査を実施し、原料が品質に適合しているかチェックしております。

京都西川の羽毛ふとんのトレサビリティ(生産履歴)について

羽毛ふとんは、原料の羽毛のクオリティーだけでなく、使用する生地や縫製スタイルなどによって風合いや形態が異なります。お好みに応じてお選びください。

 

羽毛原料の「適切な産地表示」のための管理

日本羽毛製品協同組合の定める規定に則して、適切な産地表示を行っています。

 

パターン 原料調達の形態 整備すべき書類
A 産地国業者と直接契約し、
洗浄・選別も自社で行っている。
原産地証明書
インボイス
パッキングリスト
精毛の記録
充填の記録
B 産地国業者と直接契約しているが、
洗浄・選別は日本国内の別業者に委託している。
原産地証明書
インボイス
パッキングリスト
精毛業者への出庫記録
精毛業者における精毛の記録
精毛業者からの入庫記録
充填の記録
C 産地国ではない加工国の業者と契約し、
産地国から日本までの間に、洗浄・選別のための
第三国が介在する。
産地国発行の原産地証明書
インボイス
パッキングリスト
第三国における精毛記録
第三国からの輸入関係書類
第三国からのパッキングリスト
充填の記録
D 上記(A~C)の各形態に加え、日本国内において、商社・原料商等が介在する。 (該当の形態に必要な書類に加えて、)
ベールナンバー記載の納品書
充填の記録

 

 

商品詳細

京都西川トップ